iPhoneアプリ1つめをリリースしました。

ParrotTalk
ParrotTalk

去年の9月ぐらいからSwiftでiOSのアプリを作ろうと思い立って、つい先日1つめをApp Storeで公開しました。

当初は娘のためにラクロスのボール支配率を計るタイマーを作り始め、ほぼほぼ出来上がったところで、ボタンタップの代わりにボイスコマンドで操作できないかな?って思ったのがきっかけで、二つ目のアプリのアイディアが浮かびました。結局そっちの方が簡単で、先にリリースとなってしまった。

アプリの概要はテキストフィールドにいれた文字をSiriが読み上げ、それを真似ると聞き取られた言葉が別のテキストフィールドに表示されるという発音練習ソフト。自分でもそんなアプリができそうかどうか調べてみたら、既にXcodeでライブラリ使えるようになっていて、しかも去年からいくつかのメジャーな言語はAppleのサーバに音声を送らなくてもデバイス上で解析ができるようになっていました。

このアプリで使える言語は、英語(イギリス・アメリカ)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語。クオリティーは全然保証しません。
あと、中国語、韓国語、インド英語を付け加えようか考えてます。中国語は世界的な需要、韓国語は日本の若者をターゲットに、インド英語は自分のためです。

アプリの名前はParrotTalk。最初はiPronounceにしてましたが「いまどきiつける?」と心の声が聞こえ、それから1週間かけて考えついたのがParrotTalkだったんですが、みんな同じこと考えるらしく、Parrot TalksやParrot 先生みたいな似たようなアプリも既にいっぱいありました。公開前にちゃんと調べればよかった。

次の目標はラクロスのボール支配率を計るアプリの完成。多分3月までかかるかな。そいつのアプリ名もまだ決めてない。

Visual Studio for Macをちょっとだけいじってみた

無事Visual Studio for Macのインストールも終わり、早速立ち上げて見た。
説明によると、Windowsアプリ以外は全部作成可能。Mac, iOS, Androidに.NetのASPも作れるらしい。しかもソリューションファイルも完全互換で、Windowsで作ったソリューションを持ってきてコンパイルも可能という。
“Visual Studio for Macをちょっとだけいじってみた” の続きを読む

で、Google検索かけてみた。

自分のサイトの検索結果がどれぐらい上に来るかをたまに調べてみるのですが、言い訳じゃないですが、自分の会社は小さいですし、売り物も多くない、「SEOコンサル会社」とか「ウェブ制作会社」とかでかけても400万の結果の中では一生目に触れることはできないでしょう。 “で、Google検索かけてみた。” の続きを読む

最新記事を取ってくるショートコード

これまでWordpressを使っていて、最新記事を何件か表示させるということがよくありましたが、その都度関係するテンプレートにコードを書いていました。そういう要望がこのところ立て込んできて、いちいち書くのが面倒になったので、ショートコードにすることにしました。
また使うときのための自分用のメモです。 “最新記事を取ってくるショートコード” の続きを読む

MySQLでPHPのシリアライズされたデータ検索の例文追加

先日MySQLでPHPでシリアライズされたデータ内をSQLだけを使って検索をする方法を紹介しましたが、その記事が意外と人気だったので、例文を追加します。
今回はMTS Simple Bookingビジネス版の持っているデータを対象に、自分のよく使うものをそのまんま載せます。 “MySQLでPHPのシリアライズされたデータ検索の例文追加” の続きを読む

WordPressにログインできない時の8つ目の原因発見

ついさっきまで普通にWordpressにログインできてたのに、突然できなるということが起きるらしいです。これまで自分はそんな経験ないですが、(1回だけHTTP Strict Transport Securityでドツボにはまったことはありますが)今日は、同じフロアでそんなアクシデントが起きた話です。 “WordPressにログインできない時の8つ目の原因発見” の続きを読む

Googleに愛されて幸せになろう

検索結果で自分のサイトがより上に表示されるか否かは、いかにGoogleに愛されるかということ。しかし自分はSEO対策をするのはもともと好きではない。もちろん最低限の常識的な事は施すし、Wordpressならプラグインを使うと自分では思いつかないようなことまで最初からやってくれている。

だから、サイトが出来上がったら、あとはお客さんが自分でSEOはやってくださいね、 “Googleに愛されて幸せになろう” の続きを読む

親父の道具箱

小学校高学年の頃だったろうか。左官をしていた親父が真新しい木製の道具箱をもって帰ってきた。両手で抱えないと持てないぐらいの大きさで、持ち手はなく、上蓋の一方を斜めに差し込んでから閉じて、差し込んだ方とは逆方向に3センチほどずらすとクッっとはまる仕組みになっていた。 “親父の道具箱” の続きを読む