ImageMagickとPHPでフォントリストを画像で書き出してみた

Facebooktwittergoogle_plus

現在製作中のCMSで、新しいメニューを追加したときメニューボタンも画像で書き出せないかと考えました。
ウェブアプリを主に制作していると、あまりLinux上のフォントなどを意識しません。
SSHでアクセスして作業するので、フォントなんて関係ないからです。
自分が管理しているウェブサーバにいったいどれぐらいのフォントがインストールされているのか調べたことも有りませんでした。
convert -list typeというコマンドで一覧は表示してみましたが、どんなタイプフェイスを持ってるのか、それらを実際に画像化できるかもわかりません。

そこで、PHPとImageMagickを使ってサーバにインストールされているフォントをそれぞれのフォントで画像にし、表示してみました。
【準備するもの】

  • CentOS5以上
  • ImageMagick
  • PECL imagick モジュール

【手順】

  1. convert -list typeコマンドでフォントリストの取り出し。(ImageMagickのバージョンが6.3.5-6以前は”type”ではなく”font”だった。)
  2. 文字を画像として書き出し。
  3. 背景に文字画像を貼り付け出力

 

結果:

フォント名の後ろのOKと表示されているのは、「なんとか日本語もOKかな?」の日本語部分がぬけて、OKだけが残ってるからです。

ちなみにWindows上でも同様のことはできますが、フォントリストの取り出し部分が多少異なりますので、ここでは割愛します。

他にも、systemやexecを使って直接convertコマンドを操作する方法も有りますが、こっちの方が早いでした。
はっきり言ってこのプログラムはあんまり使い道はないですが、少なくとも自分が使ってるウェブサーバにどんなフォントが入ってるかは遠隔から簡単に調べられます。

余談ですが、Helveticaがデフォルトで使えるのが嬉しい。Windowsには無いのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください